【2015年春】今が買い時のオススメデジタル一眼カメラ

  • 2015-3-17
  • 最終更新日: 2015-05-06

black-2507_640

もうすぐ2014年度が終わりを向かえ、2015年度がスタートします。

この時期は入学式や入社式、新社会人としての新生活などとにかくイベントが盛りだくさんです。

そんなとても心が暖かくなるシーズンですが、私にできることはカメラのネタを話すことくらいです。・・・というわけで、この春オススメなデジタル一眼カメラを紹介してみようと思います。基本的に高価な新型機はオススメする気はありませんので、カメラが欲しいけどできるだけ出費を抑えたい・・・と思う方は参考にしていただければと思います。


スポンサーリンク

費用対画質は問答無用のお買い得度ナンバーワン 富士フィルム X-M1

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-M1 Wレンズキット ズームレンズ付属 1630万画素APS-C ブラック F X-M1B/1650/27KIT

 

画質と価格のバランスを考えると富士フィルム以外の選択肢はありえません。

富士フィルムは本当に色の出方が素晴らしく、Jpegでしか撮影しないのであれば富士の色に勝るカメラはありません。

上位機種であるX-E2やX-T1との違いは主に位相差式のオートフォーカスが搭載されているか否かですが、動きモノを撮影しないのであれば特に問題ありませんし、通常使いには全く問題ありません。

付属のレンズはF値こそ大きく暗いレンズですが、富士フィルムは高感度耐性が他メーカーを圧倒するレベルで綺麗なので、静物撮影においては問題にはならないでしょう。

とにかく画質を優先したいのであればこのカメラ一択と言っていいでしょう。

一眼画質が最も安価で手に入れたいならこの機種! Olympus E-PL6

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ホワイト E-PL6 DZKIT WHT

 

Olympusの一眼は、マイクロフォーサーズという規格のカメラです。

マイクロフォーサーズは私の持論では非常に画質と重量のバランスが良い規格であり、1台しか持てないというのであれば選んで間違いのないセンサーフォーマットです。

中でも同社のE-M5というカメラ以降採用されている1600万画素のセンサーは、とても画質に優れたセンサーで、このPL6にもそのセンサーが積まれています。私自身E-M5を使用していたことがありますが、一回りランクが上のAPS-Cフォーマットと真っ向から張り合える高感度耐性と色乗りを兼備した非常に良いセンサーを搭載したミラーレス一眼です。

2015年3月現在、完全に底値といえる激安価格で販売されていますので、一眼を購入予定であるのであれば、新型が発売されて品切れになる前に買ってしまうことをおすすめします。

一眼レフの定番!完全底値のCanon EOS Kiss X7

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm付属 KISSX7-WKIT

これまで紹介した2機種はいずれもミラーレスタイプであり、動いている被写体には弱いカメラですが、子供の運動会や、野鳥撮影など動きものも撮影したいということであれば、やはりミラーのある一眼レフタイプがオススメです。

Canonはオートフォーカス性能においてはNikonと並んで世界最高性能を実現しているメーカーで、私自身もKissを過去に使用していましたが、やはり他社の一眼レフに搭載されているオートフォーカスよりは確実に性能が高いと感じています。

高感度画質においては先ほど紹介した富士フィルムにのカメラには劣りますが、このカメラの得意とするフィールドは動きものを捉えるシーンですので、そこは用途をよく考えた上で購入を検討するのが良いと思います。動き物に関しては富士フィルムのX-M1とは比較にならないレベルでしっかりとピントを押さえてくれます。

発売日は比較的古いですが、一眼レフは余程のことがない限り、モデルチェンジで劇的に性能が向上することはないので、発売日の古さは気にする必要は無いでしょう。むしろ新型が登場しても10万以上は確実にしますので、費用対効果を考えてもこちらのほうが断然おすすめできます。

動画も静物も動体もすべて押さえつつ、カメラボディも小さいほうがいいなら万能ミラーレスのα6000

SONY ミラーレス一眼 α6000 パワーズームレンズキット E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック ILCE-6000L-B

飽き性の私がずっと手放さずに所有しているカメラがSONYのα6000です。

α6000はSONY製ということで、まず動画に強いです。一般的な動画の規格であるAVC-HDを採用しているため、ビデオ機器との親和性も非常に高く、またSONY製ビデオカメラで撮った動画とも一緒に1枚のDVDに録画することが出来ますので、実用性が非常に高いと言えます。

画質については、APS-Cとしては高感度にかなり強い方であり、DxOというセンサーの性能比較サイトでも、APS-C機の中ではトップクラスの高感度性能とされています。

さらに動きものについてもミラーレスとしては異例の高性能ぶりを発揮しており、従来一眼レフの独壇場だった動きものの撮影を、α6000であれば一眼レフと同レベルで撮影することができます。

フルサイズ一眼の6Dを手放した私でも、このカメラだけは手放さずに所有し続けています。

α6000については、過去にレビューを何度か書いていますので、参考に貼っておきます。

関連記事

DSCF7858
私ならこれを選ぶね!初心者用最強オススメデジタル一眼&アクセサリー2016
当ブログにはデジカメ初心者さんのアクセスがとても多く、日々「デジカメ オススメ」でのアクセスが後を絶たないため、デジカメ初心者ならこのカメラとアクセサリーを買っておけば間違いないよ!っていうものを紹介すべく、本記…
DSC00342
【ガチレビュー】 α6000が最高な理由を3つ書きます(前編)
  私のH26年7月現在のメインカメラ、ソニーα6000について、これまでレビューをしてきませんでしたが、先日子供の運動会の撮影でその使いやすさ、性能の異常な高さを改めて時間したので、その感動を忘…
201406291346212461
α6000のAF-C(動体撮影性能)はかなり速いと実感できる
お陰様で当ブログのα6000のレビュー記事は、グーグルの検索で2位という高順位を頂いており、毎日200人ほどの方が記事を見てくれています。ありがとうございます。 今回はよりα6000の凄さを伝えようと、動体撮影能力…
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る