富士フィルムのXF18-55mm+クローズアップレンズ レビュー

DSC04191

今日は、マルミのクローズアップレンズを入手しましたので、レビューしていこうと思います。

購入したのはマルミのMCクローズアップフィルターで、ナンバーは4です。レビュー用機材は富士フィルムXF18-55mm OIS LMです。

では早速まいりましょう!今流行りの開封レビュー風にいきます(笑)


スポンサーリンク

MARUMI カメラ用 フィルター MC クローズアップ+4 58mm

DSC04190

今回チョイスしたのはマルミのクローズアップフィルターです。使用レンズのXF18-55は、フィルター径が58mmなので、これと同じフィルター系のフィルターを選びました。

DSC04193

内容物は、レンズとケースのみ。説明書はラベルの裏に記載されていますが、あまり役に立ちません。習うより慣れろってことですね。

DSC04196

早速ケースを開け、中身を取り出してみました。このようにかざしてみると、レンズを通して写る景色が周囲の見え方とはズレて見えます。クローズアップレンズは、メガネのように度が入っているのですね。

実際にレンズに装着し、テスト開始

今回のテスト被写体は、毎度恒例のダンボー氏、ガチャドラコンビ、そして今回新顔のダブトパリット氏(パズドラより)です。

そしてテスト条件ですが、レンズはテレ側55mmの状態で、絞りは開放(F4)で、ピントが合うぎりぎりのところで撮影します。

なお、本レンズの本来の最短撮影距離は40cmですが、クローズアップ装着時は、100÷(100【基準値】÷40【本来の最短撮影距離】+4【今回のクローズアップフィルターのナンバー】)=15.38cmまで最短撮影距離を縮めることが出来ます。

それではまずクローズアップレンズ未装着の写真から。

DSCF7152

 

ちなみにこのダブトパリット氏の高さは、台座を含めて約4.5cmです。

ややピントを外している感がありますが、とりあえずどこまで寄れるのかのテストなので、今回は気にしないことにします。

続いて、クローズアップレンズを付けた際の画像です。

DSCF7158

 

かなり大きく写すことができますね。これだけ大きく写すことができれば花マクロや、アクセサリー類などの小物でも十分大きく写すことができますね。等倍とまではいきませんが、これだけ写せればマクロレンズをわざわざ高いお金を出して買う必要性もないかもしれませんね。

更に近寄りたい場合は、追加でクローズアップレンズを重ねがけ(2枚クローズアップレンズを装着すること)すればよいです。そうすることで更に近寄ることが出来ます。

撮影時の被写体とレンズとの距離感はこのような感じです。上の写真がクローズアップレンズを装着していない場合、下の写真がクローズアップレンズを装着した場合の写真です。かなり近寄れるようになっているのがわかります。

クローズアップレンズ未装着

DSC04198

 

クローズアップレンズ装着中DSC04197

 

 

その他の作例

せっかくなので、作例を数枚載せておきます。

クローズアップレンズにより、寄れるようになったことで、背景のボケがかなり大きくなっているのがわかります。

DSCF7161

DSCF7177

 

DSCF7162

 

【おまけ】引きの画

DSCF7176

 

まとめ

今回使用したマルミのクローズアップレンズは、わずか650円程度とクローズアップレンズの中でもかなり安い部類に入ります。

しかし、その実用性は今回ご覧頂いた通り、近接撮影を便利にこなしてくれるとても良いものです。クローズアップレンズの難点は近接撮影時にしかピントが合わなくなるという点ですが、マクロレンズを買って遠景ばかり写す人もそういないでしょうから、問題と言えるほどのものではないでしょう。

専用のマクロレンズは安くても3万以上、高価なものでは10万円ほどしますので、よほど描写にこだわる人を除けば、クローズアップレンズで十分だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る