RX100M3とXQ1から見るサブカメラとしてのコンデジのあり方

DSC04188

 

どうも。すっかり富士フィルムファンになってしまった私rubyです。

この度RX100M3を売りに出し、富士フィルムのXQ1を購入しました。入れ替えた理由はRX100M3の稼働率が劇的に低く、使わないなら高いうちに売ってしまえ!という結論に至ったからです。

さて、本題に入りますが、XQ1を購入して3日ほど経つのですが、私のコンパクトデジカメに対する考え方が一変したと言っていいほどこのカメラは衝撃的なものを私に与えてくれました。今回はそんなお話です。


スポンサーリンク

速さとはこういうものだ

デジカメにおける速さとはオートフォーカスの速さを指すことが多いと思いますが、それだけが速さではないのだなということを教えてくれたのがこの富士フィルムのXQ1です。

このデジカメの凄さは、オートフォーカスの速さに加え、起動の速さが異常に速いということが挙げられます。もう一つおまけをつけるとカメラ自体が非常にコンパクト(わずか200g程度しかない)なため、カメラをバッグから取り出し、ケースを外し、電源ボタンを押すまでの早さも優秀です。もっとも最後のおまけは通常のコンデジならどれも当てはまることですが。

これらの「速さ」が揃うことで、恐ろしくシャッターチャンスに対して強く、撮影に対するストレスを感じることが全くありません。撮影が完了するまで本当に僅かな時間ですべてが完結します。普段一眼レフやミラーレス、または高級コンデジであるRX100M3では感じることのなかった「撮影動作に伴う速さ」の概念が私の中で大きく揺らぎました。

「コンデジなんだから当然だろ?何をアタリマエのことを」・・・と思うベテランカメラマンの方もいらっしゃるかとは思いますが、SONYのRX100M3や、PanasonicのLumix LX100といった高級コンデジと比較すると、とても面白い疑問が浮かんでくるのです。

コンデジが高級化・高画質化したことで失われたもの

digital-camera-600645_640

現在高級コンデジと言われているカメラは、これまで何度も例に挙げたRX100M3や、LX100、フルサイズコンデジと言われるRX1シリーズもこれに分類されるでしょうか。これらのカメラは一眼レフと比べてコンパクトサイズでありながら一眼レフやミラーレスに近い、あるいはそれ以上の画質を叩きだすという点において、とても人気のあるカメラです。

私はこれまで高級コンデジと呼ばれるカメラは初代RX100とM3、そしてPanasonicのLX3やLX7などを使ってきました。いずれもメインとなる一眼レフのサブ機として購入したものです。どのカメラも画質には満足できるものでしたが、どれも使用頻度はそれほど高くありませんでした。

これについて自分の中でも整理した考えがあって、簡単に言うと、コンパクトだけど、意外と重量があるし、オートフォーカスも遅い、それでいて画質は一眼レフには劣る(RX1なら劣ることは無いでしょうけど)ということで、よっぽど荷物を減らしたいシーンでしか使うことはありませんでした。高級コンデジはそういう一眼レフが使えない時の2軍カメラという立ち位置だと思っていたんですね。

しかし、XQ1を購入して、考え方が一変しました。メチャクチャ軽く、1秒掛からずに起動・終了し、しかもAFも被写界深度の深さからキビキビ合うというあまりの軽快さにびっくりしてしまいました。
RX100M3と全く別次元の軽快さだったのです。RX100M3は重さもXQ1の約1.4倍もあります。起動も、終了もすべてが数秒かかります。そして1インチセンサーのため、ピントの遭う範囲が狭く、XQ1と比べるとAFもかなりもたつきます。

ここで思いました。高級コンデジは小型軽量(一眼レフ比)と高画質を両立する代償として、本来コンデジが持っている軽快さを失っているのだと気づきました。

高級コンデジの立ち位置は全体のカメラ機材の構成により変わる

XQ1の価格帯は高級コンデジと言っていいのか微妙なところです。これまでの1/1.7型のコンデジよりはスペックとしては上なので、「高級コンデジの定義」にもよりますが、初値的にもギリギリ「高級コンデジ」という枠に入ってしまうかもしれません。画質についてはRX100などの1インチセンサー機に比べると画質は落ちますが、少なくとも普通のコンデジとは撮れる写真の質が一線を画しています。

RX100M3などの高級コンデジは、コンデジとしては画質は非常に優れていますが、オートフォーカスなどのカメラの基本性能自体は一眼レフに完敗しており、それでいて大きさ、重さも一般的なコンデジに比べると1.5倍から2倍程度あります。これはマイクロフォーサーズのミラーレスと比べてそもそも重いですし、EOS Kissなどの小型一眼レフともほぼ同等の重さです。(※付けるレンズによります)

以上のことから言えるのは、高級コンデジは単体ではかなり微妙な立ち位置だなと。一眼レフを持っていきたいけど、どうしても一眼レフを持ち込めない場合に、「サブ」カメラとして使う分には申し分ないですが、重たい一眼レフを持ち出すのが億劫なときなどに、一眼の代わりに軽快さを求めて持ち出すカメラとしては、全く向いていないなと思います。

一眼レフなどを所有しておらず、カメラ1台ですべてをまかないたいのであれば、RX100M3は最高の選択肢になりえますが、一眼のサブカメラとしては、中途半端感が否めません。

film-298478_640

私としての結論はこうです。

画質は一眼に負け、軽快さはXQ1に劣る。尖ったものがない、全てにおいて80点主義のトヨタ車的なカメラが高級コンデジではないでしょうか。

最後になりますが、私はRX100M3がダメなカメラだと言っているわけではありません。少なくとも初めて買うデジカメとしては価格が高いことを除けば最高の選択肢の一つだと思っていますし、実際1台しかカメラを所有してはダメと言われるのであれば、私もRX100やLX100を選択します。一眼レフは静かなところで撮影するのに向きませんし、荷物が多いと持って行くこと自体が難しいですからね。

要は既に一眼を所有しているユーザーの方にとっての使い分けの問題です。サブカメラとして高級コンデジを持ちたい理由は何なのか?もしそれが小さく軽いことによる軽快さを求めているのであれば、おそらくがっかりする結果になってしまうのではないかと思います。高級コンデジはRX100M3ですら軽快さは全くありませんので。

逆にXQ1(現行はXQ2)を求めるのであれば、一眼レフとは違うフィールドで仕事をしてくれるもう一つのメインカメラになり得ると思います。一方で、全て1台で済ませたのであれば、汎用性の高いRX100を始めとする1インチセンサー以上の高級コンデジの方が適しています。

さて、あなたはどういう理由で高級コンデジを購入しますか?(しましたか?)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る