初心者にオススメなデジカメの選び方(シーン別)

  • 2015-2-19
  • 最終更新日: 2015-03-02

camera-583666_640

デジカメは非常に沢山の種類が存在しており、初めてデジカメを選ぶ人にとっては混乱してしまうほど、様々な機種があります。

しかし、カメラを選ぶ上で価格.comやヨドバシカメラなど特集記事を参考にするのはとても危険です。なぜならああいった大手メディアのカメラの選び方に関する記事は、提灯記事が多く、実際の使用感をベースに書かれているわけではないからです。あくまで機能の説明を記事にしているだけです。あれでは本当に使えるカメラというものを判断することは出来ません。

私はこれまで一眼レフやミラーレス、コンパクトデジカメまでとてもたくさんのカメラを使ってきましたが、本当にオススメできると感じるカメラはほとんどありません。

ここでは、シーンごとに必要な機能などを踏まえ、実際にさまざまなシーンを撮影してきた経験則から、初めてデジカメを選ぶ方にオススメできるカメラを紹介していこうと思います。

※この記事は現在作成途中のためリンク先ページは随時更新していきます。


スポンサーリンク

子ども写真の撮影にオススメのカメラの選び方

子どもを綺麗に撮影できるカメラに必要な性能は主にたった3つ、オートフォーカス性能高感度性能、そしてコンパクトさです。

子どもの撮影シーンは非常に多岐にわたり、昼夜を問わず屋内・屋外共に撮影機会が非常に多いため、手軽に持ち出すことのできるコンパクトさと動いている子どもにピントを合わせるために必要なオートフォーカス、夜の室内など暗い場所でも画質が荒くならないセンサー性能が非常に重要となります。

これらの要素をすべて兼ね備えたカメラが子ども撮りに最も向いているカメラということなります。具体的には別ページでより詳細に説明いたしますので、参考にしていただけると幸いです。

>>【イベント・シーン別】子ども写真撮影にオススメなデジカメの選び方 詳細記事へ

風景写真の撮影にオススメのカメラの選び方

風景写真をメインとする場合はカメラの選択肢は非常に多く、「絶対選んではいけないカメラ」というものはありません。これは子ども写真と決定的に違うもので、要は風景写真の場合、カメラのオートフォーカス性能の重要性が非常に低いからです。

オートフォーカス性能はカメラの中でも最も性能差がつきやすい要素なので、この要素を考慮しなくていいのであれば、カメラの選択肢は非常に広がるというわけです。

とはいっても「より風景を撮るのに適しているカメラ」というものも確実に存在するので、少しでも良い風景写真を撮りたいと思うのであれば、より撮影シーンに適したカメラを選ぶことが、より綺麗な写真を撮ることに繋がります。

>>【シーン別】風景撮影にオススメなデジカメの選び方 詳細記事へ

商品写真の撮影にオススメのカメラの選び方

商品撮影の場合、最も優先すべきはカメラよりも照明の当て方なのですが、カメラの選び方も通常の撮影よりも近接撮影性能が求められます。これは小物など小さな商品を撮影する際に重要な要素となってきます。

デジカメというものは、近づいたりズームさえすれば大きく写せるというものではありません。カメラによって近寄れる距離というのが決まっているためです。近接可能距離よりも短い距離で撮影しようとすると、ピントが合いません。よって近接撮影性能が低いデジカメを選んでしまった場合、小物撮影自体ができなくなってしまいます。

また、商品をより魅力的に撮影するための大事な要素としてボケがあります。背景をぼかすことで商品を浮き上がらせ、より魅力的に撮影することが出来ます。

ここでは商品撮影のシーンごとにより適したカメラの選び方・オススメのデジカメを紹介しますので、商品撮影の参考となれば幸いです。

>>【シーン別】商品撮影にオススメなデジカメの選び方 詳細記事へ

スポーツ撮影にオススメなデジカメの選び方

スポーツ撮影はなんといってもオートフォーカス連射性能がとても重要です。この2つのどちらかが欠けると決定的な瞬間というものを撮影することはほぼ不可能です。

このオートフォーカスと連射性能というものは、デジカメの中でも最もカメラによって性能差が現れるものであり、事実上実用的なメーカー自体もほぼ決まっています。メーカーによってはスポーツ撮影自体がほぼ不可能なカメラメーカーすらあります。

スポーツ撮影は被写体の動きが非常に速いため、オートフォーカス性能が低いとそもそもピントすら合いません。そして連写性能が低いと、決定的瞬間を撮ることができません。常に動いている被写体の決定的な瞬間は、一発のシャッターで仕留めることは非常に難しく、卓越した連射機能によって初めて撮影可能とするものです。これはプロカメラマンとて同じことで、プロカメラマンも連射機能なしに決定的な瞬間を撮影することはなかなか難しいのです。

>>【スポーツ別】スポーツ撮影にオススメなデジカメの選び方 詳細記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る