EF24-70mm F4 IS USMを購入しない、たった一つの理由

スクリーンショット 2014-07-15 21.01.07

 

 

私の愛機はCanon EOS 6DとEF24-70mm F2.8L USM(旧型)です。

購入時は、EF24-105mm F4L IS USM及び、EF24-70mm F4L IS USMと大いに悩みに悩みました。

結果としては、24-70mmのF2.8の1型を選択したわけですが、なぜこのレンズを選んだのか、なぜF4のハイブリットISマクロ付きを選ばなかったのか、書いていこうと思います。

※この記事は、子どもの撮影など動きモノの撮影に焦点をおいてるので、風景メインの人にとっては、全く意味を成さない記事です。予めご了解下さい。


スポンサーリンク

レンズの解像力はF4レンズが上。

レンズを選ぶにあたり、誰もが気になるのがレンズの解像力です。

解像力が高ければ、ビシッとした解像感ある写真を撮影でき、トリミングするにも有利になるため、解像力はあるに越したことはないでしょう。

少なくとも、EF24-70/2.8の初期型は、解像力に関しては、今回比較対象となったレンズたちと比べて、劣るはずです。各レンズの解像力については、デジカメinfoさんのサイトを見ればわかります。しかも、重い。24-70/F4が600gと軽量であるに対して、F2.8の方は、950g。その差350gです。先日熱く語らせていただいたα6000の本体重量以上の重さの違いがあるわけです。

一方F4の方は、小さく軽い上に、データ上は解像力もかなりのものです。しかも絞り開放からバッチリ解像します。1段暗い以外のデメリットはほぼないと言えます。

それでもF4を選ばず、解像力も劣り、重量もサイズもメガトン級のF2.8を選択したのか理由はなぜなのか。

今は高感度画質がいいから明るいレンズはいらない・・・本当に?

高感度耐性が上がった現在、明るいレンズは不要になったと、あちこちで言われています。

さて、本当にそうでしょうか?

私の推測ですが、この話、おそらくは動かない静止物を主な被写体としているカメラマンの発言です。間違いないっ!(長井秀和 古っ)

でも私はそうは思いません。個人差だといえばそれまでですが、F2.8のメリットは動きモノ、特に人物(こども)写真を撮る際には絶大な威力があります。

では、なぜこのような発言が目立つようになったのでしょうか。少し、背景を整理してみましょう。

高感度強い=明るいレンズ不要=三脚不要の図式

静止物、つまり動かない被写体を撮る人は、今まで面倒でも三脚を使って撮ってきた人たちです。

しかも今はIS(イメージスタビライザー)を始めとする手ぶれ補正が標準装備となってきていることもあり、ISO感度を上げずに済む、そして、仮に多少ISO感度が上がっても高感度耐性の良さから画質は荒れないので、風景など動かないものを撮影する人にとっては、明るい大口径レンズがなくとも、手ぶれ補正と高感度耐性の恩恵で三脚いらずで綺麗に撮影できると思っているわけです。

確かに高感度画質は劇的に良くなりました。APS-Cはまだまだだと感じますが、フルサイズだと、夜間のストロボがなくても、比較的ノイズの少ない写真が撮れます。

しかし、私のように、子供など動きモノの撮影を中心とした人にとってはこの図式は当てはまりません。

私がEF24-70mm F4 IS USMを購入しなかった理由 まとめ

結局のところ、どんなに高感度耐性が上がっても、子どもなどを撮るには、一定以上のシャッタースピードが必要です。

F4とF2.8では1段分、つまりシャッター速度に換算してちょうど2倍違ってきます。この2倍という余力を1段分ISO感度を落とすのか、シャッター速度を稼ぐのかは、その人の撮影スタイルによりますが、どちらにしてもこの差というのは、人肌を撮影する上で、かなりのメリットになります。

実際子供の肌というのはとても精細で、きれいな肌をしています。(もちろんニキビやアトピーなどで荒れていない時の話です)

私の経験上、物撮りと、子ども撮りとでは、高感度を使うことによる画質劣化が、かなり違うと感じています。

もちろん、子ども撮りのほうが、シビアです。

F4レンズはもちろん良いレンズ。ただ、動く子ども撮影に向いてないだけ

EF24-70mm F4 IS USMを批判する気は一切ありません。

正直私も、最後の最後まで、この違いを理解していながらも悩みました。小さく軽いほうが、カメラを持ち出しやすく、シャッターを切る機会も増えますし、そういう意味では、F2.8レンズのような巨大なレンズは撮影場所も限定されると思います。

F4レンズを選択し、多少画質が悪くとも、シャッターチャンスを広げるか、それとも私のように、F2.8レンズを選択し、少しでも良い画質で子供の写真を残すのか、相反する2つの要素を、メリット、デメリットを理解した上で、選択することが、納得のいくレンズ選びをする秘訣だと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る