神の単焦点レンズ「PENTAX FA77mmF1.8Limited」レビュー

ペンタックス使いはもちろん、他マウントユーザーですら一度は聞いたことがあるであろう、PENTAXのFA77mmF1.8Limited。

私が購入した初めての単焦点レンズであり、カメラの沼に引きずり込んだ張本人でもあります。既に私はPENTAXユーザーから離れてしまいましたが、今でも資金に余裕があれば使いたいレンズナンバーワンです。

PENTAXが誇る最強のポートレートレンズ、そして神のボケ表現ができるFA77Limitedを今回はレビューしていきます。


スポンサーリンク

空気感を捉えることのできる数少ない名レンズ

ペンタックスにはLimitedレンズと呼ばれる描写を優先した個性的単焦点レンズが存在します。

PENTAXのレンズ表記は、基本的にFAとDAの2種類があり、FAはフルサイズでもAPS-Cでも使用できるレンズ、DAはAPS-C専用レンズとして冠されている名称です。要はイメージサークルが大きいのがFA、小さいのがDAということです。

その中でも、特に描写が優れるレンズには、★(スター)や、Limitedという表示をされており、今回レビューするFA77mmLimitedレンズは、ペンタ使いには通称「Limitedレンズ」と呼ばれ、画質の精細さよりも、「写真」としての「味」を最重要視したレンズ設計となっています。

味を徹底的に追求された本レンズは、その場の空気までも写真に写し取ってしまうと、本当にそう思いたくなるほどの空気感を描写します。

ポートレートレンズとしての素質

FA77mmF1.8Limitedの焦点距離は77mmであり、APS-C機に装着して室内で使うには多少狭い画角ではありますが、ポートレートとして使う場合、程よい距離感で被写体を撮影できるため、威圧感を与えること無く、自然な姿を撮影することが出来ます。

この作例は、まだ私がカメラを始めたばかりに撮った写真ですが、逆光にもかかわらず、肌の質感をしっとりと描写し、階調性にも優れていることがわかります。この点は富士フィルム機で撮った写真に近いものがありますね。

77mmF1.8という準大口径中望遠レンズにも関わらずたったの270g

 

このレンズの素晴らしい特徴の一つに、レンズ自体が恐ろしく小さく軽いという点が挙げられます。

なんとたったの270gしかなく、しかもレンズ自体も非常にコンパクトサイズです。鏡胴がアルミ削り出しということで、手で持つと小さい割にずっしりとくるのですが、見た目のコンパクトさは他社の同クラスの中望遠準大口径レンズと比べて二回り以上は小さいです。

これはPENTAXが打ち出す方向性にも関係があると思われますが、「小さく」、「軽く」、「高性能」なレンズを目指すのがPENTAXのいいところです。

神のボケ質、FA77の真骨頂

FA77を語る上で、絶対に外せない要素が「背景のボケ」です。

FA77はとにかくボケの質にこだわりぬいており、FALimitedシリーズは、美しいボケを作るためにあえて各種収差を残したままにしているとレンズ設計者もコメントしています。その中でも最高質のボケ質を表現できるのが、「トロットロのボケ」と称されるこのFA77なのです。

ボケは数値化することが難しく、レンズのスペック表には現れない部分ですが、背景ボケというのは、とりあえず大きくぼければいいというものでもありません。ボケの出方、柔らかさ、空気感、そのすべてを高いレベルで融合し、凄まじい描写性能をFA77は実現しています。

FA77 レビューまとめ

今回久しぶりにFA77について語ってみました。

今は手元にありませんが、このレンズほど「所有する喜び」を感じることが出来るレンズはありません。アルミ削り出しのレンズの造り、ボケ質を重視した描写性能など、あらゆる面でモノとして最高の質を秘めています。

2015年はついにPENTAXからフルサイズ一眼レフが発売されると言われています。APS-Cで使うFA77ですらフルサイズを凌駕する描写性能を持ち合わせているのに、フルサイズ機と組み合わさるとどれほどの性能を発揮するのか、もはや想像の域を超えています。

PENTAXなので、オートフォーカスに関してはCanonのような性能を期待することは出来ませんが、じっくりと風景や、ポートレートを撮るのであれば、これ以上のレンズを私は知りません。

そんな素晴らしいレンズがFA77mmF1.8Limitedなのです。

【参考:ペンタと違い何故CanonはAFが早いのか】

CanonやNikonのオートフォーカスが速いのはレンズ性能によるもの CanonやNikonのオートフォーカスが速いのはレンズ性能によるもの | 初心者におすすめなデジカメの選び方を徹底解説!おもいで写真.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る