フィルムシミュレーションの色の出方を比較しました

cinema-64154_640

富士フィルムのフィルムシミュレーションは名称こそフィルムという名前を使っていますが、SONYでいうクリエイティブスタイルと同じものですし、PENTAXだとカスタムイメージ、Canonならピクチャースタイルと呼んでいます。要はJpegで画像を保存する際の色味の調整機能ってことですね。

今回はそんなフィルムシミュレーションの色味の出方をダンボーとパズドラのガチャドラを使って実際に違いを比較してみようと思います。


スポンサーリンク

PROVIA(プロビア)

DSCF7089

 

プロビアは他社で言うノーマル、スタンダードです。デフォルトで適用されているのがこのモードです。

特徴としては色はやや控えめな出方をするものの、癖が全くなく、とにかく品のいい画像に仕上げてくれます。

Velvia(ベルビア)

DSCF7090

Velviaは他社で言う「鮮やか」や「ビビッド」と呼ばれる濃い目の発色のモードです。例に挙げたものはASTIAとの違いが分かりにくいですが、色味が濃くなっているのがわかると思います。

ASTIA(アスティア)

DSCF7091

ASTIAはソフトな階調の描写が売りのモードで、他社で言うと、ポートレートなどに該当するのかもしれませんが、要はPROVIA系の色味でややソフトにしたような描写です。

ポートレートはASTIAが一番いい!という人もかなり多く、子供の写真などに重宝されているモードです。

クラシッククローム

DSCF7092

 

クラシッククロームは後から追加されたモードでイメージ的には銀残し(ブリーチバイパス)に近い色味の発色をします。

と言ってもこの表現ではわかりづらいので、もう少しイメージしやすいように言うと、ブラッド・ピット主演の映画、「セブン」の世界って言えばわかりやすいでしょうか?あのちょっと病的な色味に近い色がこのモードでは出せます。

私としてはこの手の色味はPENTAXのカスタムイメージ、「銀残し」の方がハッキリと病んだ色が出るので好みですね。

PRONeg.Hi

DSCF7093

 

PRONeg.Hiはコントラストを高めたややメリハリのあるポートレート向きの描写をするモードです。

PRONeg.Std

DSCF7094

 

PRONeg.Stdはメーカー曰く、「やわらかな階調で肌色の質感を再現したいポートレート向けのモード」ということなので、描写傾向としては比較的なめらかな表現が出来るモードです。今回の被写体はポートレートではないので、その良さが分かりにくいですが、描写傾向としてはASTIAに近いように感じます。

モノクロ

DSCF7095

 

モノクロは比較的ノーマルの、クセのないイメージです。面白みとしてはOlympusのアートフィルター、ラフモノクロームのようなメリハリの聞いた色味の出方のほうが作品としては面白いと思います。

セピア

DSCF7096

富士のセピアはとても質感の表現に優れていると思います。私も気に入っているモードなので、そのうちセピアのみの作例で埋め尽くす記事でも書いてみようと思います。セピアの面白いところは、通常のPROVIAで撮っても面白みが出ないようなシーンでも、セピアで撮るとどこか味のある描写に生まれ変わる点ですね。

フィルムシミュレーション まとめ

作例として上げた写真が、とても違いが分かりにくい写真になってしまって申し訳ないです。そのうち各フィルムシミュレーションの特徴がよりハッキリ出るシーンで撮影し、作例を追加しようと思います。

私の個人的感想としては、この手のJpegの色みをいじる機能としては、富士フィルムのフィルムシミュレーションが最も質感の高い写真に仕上げてくれると感じています。他社のこの手の機能は、どちらかというと安っぽいです。正直これまで使おうと思ったことがありませんでした。でも富士フィルムのフィルムシミュレーションは積極的に使いたい!と思うほど、写真の質を引き上げてくれると思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る