風景撮影に必要なカメラアクセサリー

aa

風景撮影に必要なものとして、カメラの他にアクセサリーがあります。

カメラだけでの撮影も可能ですが、その他のアクセサリーがあるとより綺麗に写真を撮ることができるようになります。

今回はそんな風景写真御用達のカメラアクセサリーを紹介します。


スポンサーリンク

これがないと風景写真は始まらない!三脚のすすめ

風景写真には三脚が必要不可欠です。

三脚があれば、手振れを全く気にしなくても良くなるため、画質が悪くなる要素である高感度を使用する必要がなくなります。つまりシャッタースピードを遅くし、ISO感度が上がるのを防ぐ大事な働きが三脚にはあるわけです。

日中の屋外での撮影であれば光量も十分あるため三脚がなくても綺麗に撮影することが出来ますが、夜景など暗い場面での撮影は、手振れを防ぐためにどうしてもISO感度を上げ、手ブレしないようシャッター速度を上げなければなりません。

三脚の選び方

三脚は安いものであれば1000円未満で買うこともできますが、安価な三脚はスリムでコンパクトな反面、三脚自身の重量が足りないため、安定性が低く、また、シャッターを切る際の微細な振動の影響を受け、三脚を使っているにもかかわらず手振れをしてしまうことがあります。

そのため、三脚を選ぶ際には、ある程度の重さ(1kg以上)があるものを選ぶ必要があります。

オススメの三脚

以上の点を踏まえて、私であれば以下の三脚を選びます。

Velbon 三脚 レバー式 EX-444

ベルボンの三脚はスリックなどの有名メーカーに比べて、重厚感が強く、安定性が高いものが多いです。

中でもこのEX444は私も使用しているもので、重さは1kgでビデオカメラから一眼レフまでどのカメラにも対応できる耐荷重量があり、それでいて比較的コンパクトなとても優秀な三脚です。

Amazonベーシック アルミ三脚157cm ボールヘッド

AmazonベーシックというAmazonの独自ブランド(PV)の三脚です。Amazonベーシックは私もカメラバッグや充電池を所持していますが、価格が安い割に、とても質感がよく、万人にオススメできるブランドです。

普通の三脚と違い、角度調整のレバーが付いていませんが、カメラの取付部にボールジョイントが仕込まれており、カメラを所持したまま自由自在に向きを変えることが出来ます。通常の三脚は縦軸と横軸がそれぞれ独立していますが、このボールヘッド型の場合はボールにより向きを変えるので、タテ・ヨコ・ナナメの好きな方向に自在に動かしやすい特徴を持っています。

先ほどのベルボンのようなレバー付きのタイプとは好みが別れるところだと思いますので、自分の好みに合わせて選ぶといいと思います。

写真に綺麗な色を出したいなら必ず持っておきべきPLフィルター

PLフィルターとは、カメラのレンズに装着し、写真を撮影する際にレンズに入ってくる余計な光を排除するものです。

PLフィルターの効力としてわかりやすいのが、湖などの水面に太陽の光が写って白くキラキラしてしまうあの現象を抑える効果です。

本来の水面の色は青くても、太陽の光が乱反射し、本来の湖の色を撮れない場合はこのPLフィルターを使用します。他にも青空を本来の青さで撮るために使用したり、木々の緑をよりハッキリと緑色に写したりと、風景撮影においてPLフィルターの効果は計り知れません。

オススメのPLフィルター

フィルターには径があり、使用するレンズのフィルター径と同じ系のものを選ばなければなりません。

フィルター系は、レンズに「Φ」を使って表示されていることが多いので、お手持ちのレンズをよくご覧ください。大抵、焦点距離の横あたりに表記されています。「Φ」という単位は「mm」と同じなので、Φ40の場合、フィルターは40mmのものを選べばよいです。

カメラ用レインカバー

近頃のデジカメは防水対応のものも増えており、そういった防水機能が最初から備わっているなら不要かもしれませんが、防水(防塵防滴)機能が備わっていない場合は、レインカバーは必須アイテムです。

撮影時がいつもピーカンのお天気なのであればよいですが、天候はいつ変わるかわかりませんので、常にバッグにレインカバーを備えておいたほうがいいです。

オススメのカバーはAmazonオリジナルのもので、装着したままでも液晶画面が確認できます。裏技としてホッカイロを入れておくこともでき、冬季の低温下でカメラが動作不良を起こすのを防ぐこともできます。

雨天時の撮影におすすめ!防水SDカード

仮にカメラが防滴でも、所詮デジタル家電ですから水は大敵です。

カメラ内にカードが入っているときは水に濡れることもそうそうありませんが、カードを交換する際などは雨にぬれる可能性があります。そんな時にオススメなのが防水SDカードです。

メーカーはプロも愛用者が多いと言われるSanDiskのものが良いでしょう。私もカードはすべてSanDisk製です。

風景撮影にオススメのアクセサリー まとめ

風景撮影はカメラよりも、その他の準備のほうが大切です。

自然を相手に撮影するということは、予期せぬ自体の連続であり、予め用意しておかなければ撮影を中断するような事態にもなりかねません。

今回おすすめしたのは風景撮影の中でも特に重要だと思うものをピックアップしたものです。

最低限これだけあれば、大抵の撮影はこなすことが出来るでしょう。風景撮影の参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る