LX100のレビューが出始めたので評価してみることにした

スクリーンショット 2014-11-27 21.28.43

RX100の真っ向ライバルLX100がついに登場しました。

これまでRX100M3の独壇場だった、大型センサーを搭載していてかつ、ズームしても明るいレンズが使われているカメラはこれまでなかったので、LX100の登場は、SONY陣営にとっては、ドキドキものでしょう。


スポンサーリンク

LX100の特徴はRX100+4K動画

LX100の最大の特徴はおそらく4K動画を撮影できるところ。

通常のスチルについては、RX100M3とセンサーサイズ及びレンズの明るさもほとんど差がないので、画像処理エンジンの好みと言えるように思えます。

価格.comでアップされているLX100のレビューをまとめてみる

スクリーンショット 2014-11-27 21.38.17

さっそく価格.comのレビューを見てみました。

動画に関して

動画に関しては、マイクロフォーサーズセンサーということもあり、画質はとても優秀らしい。定点カメラ的な使い方をする場合は、専業のビデオカメラよりも優秀だとレビュアーも評価していますね。

私は今のところ4Kには興味がありません。テレビもフルハイビジョンのものしか持っていませんし。正直4Kレベルとなると、保存容量が怖すぎです(汗)

静止画に関して

スチルとしては、センサーが4/3なので、画質自体は確保されていると思いますが、それよりも、広角側開放F1.7の明るさのほうがレビューでは注目を浴びています。

マイクロフォーサーズの場合、12mm(35mm版24mm)のレンズは、一番明るくてOlympusの12mmF2.0なので、それよりも半段ほど明るいということと、手振れ補正効果も相まって、通常の標準ズームよりも2段分の画質の良さが確保できています。

LX100の使い道

このカメラは性格としては、RX100と全く同じだと思います。センサーサイズ、レンズの明るさ、ファインダ付きのボディ、どれをとっても、RX100M3とガチンコのライバルです。

私はRX100M3使いですが、この手のカメラは、普段一眼を使っている人にとっては、完全にサブ扱いだと思いますが、私のように子どものイベントなどで荷物が増やせない時は完全にメインのカメラになります。

先日子どもの発表会で、私がα6000とSONYのビデオカメラPJ630、妻がRX100M3を持って挑みましたが、カメラの使い方が全くわからない妻でも、ほぼブレずに写真を撮れていました。(設定は私がシャッター速度優先1/250固定にしてましたが)

LX100の場合も同様で、一番活躍するシーンは子どものイベントや、通勤用カバンに入れることでしょう。若干気になるのは、400g近い重さですが、ミラーレスにレンズを付けて持ち運ぶのに比べれば、はるかに小型軽量装備となりえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る