Nikon V1は初心者向きではない(・・・と思う)その1

※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log

Nikon V1を使い始めて2週間、いろいろいじりながら使ってきたが、現時点では万人におすすめできるかといわれるとNO!と言わざるを得ない。

基本的にAFの動体撮影能力は非常に優れており、ある程度の光量が確保できる日中は非常にテンポよく撮影できる。それこそペンタックスのAFよりは優れていると思う。


スポンサーリンク

しかしそれ以上に問題点が多い。

まずモードダイアルがないこと。

基本的にフルオートで推奨しているのかもしれないけど、フルオートの場合ISO3200 が上限となる設定となっている。高感度の許容画質というのは人によるが、正直なところ、1インチセンサーでISO3200常用は非常に厳しい。特に私のように子供がメインの場合は人肌の描写というのは非常にシビアであり、とてもじゃないがISO3200の画質は我慢できない。

ちなみにレンズは18.5mmのF1.8単焦点レンズを使っているが、ここにもまた問題がある。

なぜならF1.8を使ってくれないプログラムとなっている。なぜか勝手に絞られてしまい、

常にF2~2.8を使おうとするため、自ずとISOも上がってしまう。

このカメラを使ってて最も疑問に思う部分かな。

1インチという小さいセンサーのカメラの場合、F1.8でも十分な画質性能を持っているため、被写界深度を深くしたい場合を除いて、特に絞る必要はないとおもう。ましてや室内での撮影は光量が確保できないため開放で撮るほうが賢い選択肢だと思うのだが。。。

ちなみにこの傾向はストロボを使った時も一緒。

 

せっかくストロボを使うのに、ISOを上げようとする。お陰で、外付けストロボで天井バウンスしても、ISOが800~1600くらいまで上がってしまうため、画質が確保できない。

実例を上げるとこんな感じ。

まぁ悪くはないんですよ。別に。ただね、ミラーレス系に外付けストロボつけて天井バウンスをしたら、普通はもっと鮮明に写りますね。ちなみに↑の写真は最も綺麗に写った写真です。他のはもっとノイズが乗った肌が荒れた写真になってます。

 

もちろん設定をいじればそれなりには撮れます。

例えば↓の写真。

ISO感度を100固定にし、ストロボ光量補正+1をかけて撮ってみました。

これなら結構見れる写真になりますね。

なんだ、じゃあ悪く無いじゃん!なんて思うかも知れませんが、

設定弄るのが正直非常に面倒です。このカメラ。

1ステップ、最悪でも2ステップでいじれればいいですが、そう簡単でもないです。もっと手間がかかりますね。

 

AFがすごくいいのにUIの出来が非常に悪いため、本当にもったいないカメラですよ。

 

つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログ移転のお知らせ

本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log
ページ上部へ戻る