大量の写真の整理に便利な方法

デジカメの写真はいつしか膨大な数になり、途中から整理するのが嫌になってきます。

幸い、昔と違い、現在はデジタル画像であるため、フィルムのように、物理的な整理は必要ありません。

今回は、私が実際に現在進行形で行っている写真の整理方法を公開しようと思います。


スポンサーリンク

digicopyとFastStone Capture

画像の整理には上記2つのソフトを使っています。

説明します。

digicopy

このソフトはdelphianさんという方が開発したソフトで、SDカードなどをPCに差し込み、後はこのツールを起動し、取り込みボタンを押すだけで、自動的に年月日などのフォルダなどを作成し、画像を振り分けて保存してくれます。

スクリーンショット 2014-10-01 00.51.30

Jpeg、RAWも判別し、更には動画ファイルも、指定したフォルダに自動的に振り分けてくれます。

SDからコピーした後は、SDカード内のファイルを自動削除することも可能で、わざわざSDカード内のデータを消す手間が省けます。

ファイル名も任意の法則で変更することができ、一度設定を済ませてしまえば、あとは写真を撮る都度、digicopyを起動し、取り込みボタンをワンクリックするのみで、すべて完了します。

このソフトはdelphian様のブログ、「リミレンジャーの秘密基地」内にてダウンロードさせていただくことが可能なので、是非とも使ってみてください。

digicopyダウンロードサイト「リミレンジャーの秘密基地」

FastStone image Viewer

有名な画像ビューワーソフトで、海外ソフトなのですが日本語化パッチがあり、パッチを適用すると問題なく使用することが出来るようになります。

良い点その1 動作が非常に軽い

このソフトの凄いところはなんといっても、動作がものすごく軽いということです。

通常、この手のビューワーソフトは、動作がかなり重く、サムネイル(縮小画像での一覧)の表示の際も、動作を少しでも軽くすため、解像度を落として表示したりします。

しかし、このソフトはそのような重たい動作はなく、非常に軽快に画像を表示してくれます。また、次の画像を見たい時も、最初の設定で、左右クリックのみで次の画像、前の画像を表示してくれるので、わざわざ、「次の画像へボタン」を押す必要がなく、ストレスフリーで次々と画像を閲覧することが出来ます。

良い点その2 画像縮小機能が優秀

通常写真を撮ると、画像サイズは、そのカメラの最大画素数で保存されます。普通に1000万画素とか、最近なら2000万画素も当たり前のようになってきており、そのデータサイズも非常に大きなものになっています。

データサイズが大きすぎると、人に写真をプレゼントする際などに、画像が大きすぎて入りきらなかったり、メールに添付できなかったりするため、わざわざ写真を縮小する作業が必要になります。

そこで登場するのがこの「画像縮小機能」です。

要は、画像をリサイズするだけなのですが、その縮小メカニズムが非常に優秀で、非常に高画質なまま、画像サイズを小さくすることが出来ます。

ショートカットキーに対応しており、Windowsであれば、ファンクションキーをワンクリックすれば、縮小メニューが開きますので、あとは、実行ボタンをクリックするだけで、簡単に画像圧縮ができてしまいます。

K本的にフリーソフト様のサイトにてダウンロードさせていただけますので、画像整理や、画像サイズに悩まれている方は、是非利用してみることをオススメしますよ。

FastStone image Viewerダウンロードサイト(Vector様のサイトに飛びます)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る