デジタル一眼の魅力その1・・・それはハマった時に出る画質の凄さ

※画像をクリックすると拡大表示できます。

デジタル一眼の魅力についてちょこっと書いていこうと思う。


スポンサーリンク

正直、一眼に興味なかったですね。2年前までは。
子供が生まれても最初は欲しいとすら思わなかった。もともと小さいデジカメはあったので。

・・・がしかし子供が9ヶ月になる頃だろうか。子供が上手く撮れなくなったんですね。
動きまくるんでぜんぜん撮れない。撮れてもブレまくりだし。

これはこまったぞ・・・と。

そこで初めて考えた。

「うーん、一眼レフなら綺麗に取れるのだろうか」

悩みに悩んだ結果、PENTAXのK-xという一眼レフを買うことにしました。

 

※画像をクリックすると拡大表示できます。

 

一眼レフってプロっぽいイメージあるじゃないですか。

正直プロでもなんでもないし、せっかくならカジュアルに持ち歩きたいので
白い一眼レフにしたんですね。かわいいしw

 

一眼レフもフィルム時代とは違ってフルオートってのがあるので
とりあえずはすぐに使えましたよ。

でも最初は思ったように写真が撮れなかったんです。

ちなみに記念すべきファーストショットは↓

※画像をクリックすると拡大表示できます。

ぜひ画像をクリックして拡大して欲しいんですけど、
すごくザラザラしてません?画質。

あとから画像データ見たら設定が明らかにおかしかったことに気づいたんですけど、
ホント、思ってたような写真が撮れなくてびっくりしました。

最初は「一眼ってこんなレベルの写真しか撮れないのか?」
はじめはマジでそう思いました。

でも実際はそうじゃない。
それは屋外に持ちだした時です。気づいたのは。

※画像をクリックすると拡大表示できます。

 

あれ?超写り綺麗じゃね?この前とぜんぜん違う。。

この頃はまだカメラに対して知識なんてほとんどゼロなので、
なぜ綺麗にとれたのかわかってませんでしたが、一眼はハマると恐ろしく高画質だということがわかりました。

 

あまりいい写真を載せれてないので一眼の魅力が伝わってないかもしれませんが、
一眼レフやミラーレスといったデジカメは子供を綺麗に残しておくにはもってこいのカメラだと思いますよ。

私も一眼レフを買って以来、子供の写真を3万枚ほど撮りましたが、綺麗な写真は当時の空気感をそのまま描写してくれます。高画質な写真はより想い出を鮮明に蘇らせてくれます。

長くなりましたが、一眼レフの魅力のうちの一つ、高画質について書きました。

ではでは

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る