Nikon V1の子供撮り最適設定

前回結構V1に否定的な記事を書いたけど

設定さえ煮詰めれればもちろん良いカメラです。

ってことで今回は私の思う最適なV1の室内子供撮り用設定を書いてみようと思います。


スポンサーリンク

V1子ども撮り設定と不満

※画像をクリックすると拡大表示できます。

 

↑の写真は綺麗に撮れました。Jpeg撮って出しです。

 

前回書いたとおり、V1は無駄に絞り込み、ISOを上げようとするカメラです。

高感度に自信があるがゆえのプログラムなのかもしれませんが、

少なくとも私は室内での子供撮りに使えるプログラムだとは思えません。

 

せっかくF1.8が使えるのにF2.5くらいまで絞り込んで、ISOを上げるなんて意味がわかりません。

 

・・・・で、私が決めた設定は基本的にシャッター速度優先AEを使います。

絞り優先でもいいんですが、絞り優先の場合は子供撮りの場合はSSが遅い設定になるため、被写体ブレを起こします。

となるとやはりシャッター速度優先で撮るしか無いわけですね。

 

そしてストロボ。

V1の場合外付けストロボでバウンスは絶対条件です。

まぁこれは別にV1に限らずすべてのカメラで同じですね。

室内でバウンスしないと肌の質感はまず出ません。

そしてストロボ光量調整を+1EVに設定します。

デフォルトの設定だと肌が暗く写ってしまいます。

 

ニコンはホワイトバランスや露出が正確と言われています。

子供って意外と下むいて何かをすることが多いので、

蛍光灯の明かりを背負うような格好になることが多く、

影になってしまうため、顔が暗く映ります。

これはストロボでバウンスをしても一緒です。

顔が暗く移ると、やはりどうしてもノイズが乗って来てしまいます。

露出制御が優秀故に忠実に暗く写ります。

ですからフラッシュの調光補正を+1EVに設定し、顔が明るく映るようにします。

 

そしてシャッター速度は1/125以上の速さにしましょう。

子供の場合は静止してくれることがまずありません。

赤ちゃんの時は仰向けに大人しくしてくれるので蛍光灯に光もきちんと当たるため、

どんなカメラでもある程度綺麗に撮れますがある程度大きくなってくると上を向いて遊ぶなんてことはほとんどありません。

ですからシャッター速度はかなり早めに設定しなければブレます。

 

以上が私が子供撮りに使う設定です。

参考になると幸いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る