ルミックスTZ40とTZ35 考察

Panasonic DMC-TZ40について考えてみる。

昨年TZ30という高倍率ズームのカメラが登場したけど、

今回の新型は基本的に画素数が増えて、wi-fiが搭載されるくらいのカメラになりそうだ。


スポンサーリンク

倍率は20倍と従来機と同等だし、フルハイビジョン動画も同等だし、しかもレンズのF値まで同等。

液晶は46万画素から92万画素に増えているので高精細にはなるかもしれないが、

23万画素⇢46万画素に進化した時より変化は少なく感じるんじゃないかな。

 

そして更にTZ35とか言うカメラまで出るみたい。

こちらはTZ30よりも画素数がちょっと増えてるけど

GPSやらタッチパネルやらが省略されてしまっているので

実質TZ30よりも下のクラスのカメラなんじゃないかな。

これなら普通に35じゃなくて30買ったほうが値段的にもいい気がする(笑

 

 

実質的にはTZ40がTZ30の正統進化モデルってことなんだろうけど、

ズーム比率が上がらなかったのは商売としては痛いかもしれない。

ライバルにソニーのHX30Vがあるけど、多分あちらはもう少し大きいモデルチェンジするんじゃないかと予想する。

LX7が思ったほど売れてない・・・というかRX100が良すぎるだけかもしれないけど

なんとかしないとSONYに置いてかれるぞ~パナソニック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る