OLYMPUSのPM1をレビューしてみる

またもやってしまった・・・・

今度はOLYMPUSのPM1です。

近所の電気屋さんでツインレンズキットが19800円で売られてたんでつい買ってしまいました。


スポンサーリンク

もはや一眼とはいえミラーレスは叩き売り状態ですね。

 

PM1はOLYMPUSがPENの新シリーズとしてPLシリーズの更にエントリーモデルとして

販売しているカメラで、現在はPM2というのが現行機種ですが、

マイクロフォーサーズのカメラとしては最も廉価なカメラの一つですね。

PM1を簡単にレビューすると

まずFAST AFというのがこのPM1シリーズから初搭載されました。

もともとOLYMPUSはAFが非常に遅く、かなりイライラしながらピントを合わせる機種しかなかったんですね。

上位機種のP1とかP2でもそうです。

でもP3、PL3とこのPM1が同時発売され、

これらの機種からFASTAFが装備され、パナソニック並のAF速度となりました。

ただ・・・実感としてはやはりパナソニックに比べるとAFは遅いですね。

ピントを合わせようとする動作そのものは非常に早くなりましたが、

合掌音がなってもピントが合ってないことも多く、

なんか中途半端な感じは否めません。

 

そのうちGX1とOLYMPUSの45mmF1.8の神単焦点レンズで

AF速度を比較してみようと思いますが、体感上ではすでにパナソニックに軍配が上がるような感じはしてます。

 

また、縦横検知がこの機種には搭載されておらず、縦写真をとった時も再生時にはそのまま再生されてしまい。90度回転させないとまっすぐ見れないため、その点も不便と言えます。

 

何かと中途半端な感じがするPM1ですが、

これからちょっとの間レビューしていこうと思っているので

良かったら覗きにいてくださいね(笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る