EOS6Dの高感度性能はすごい?!

※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log

最近完全に写真を撮ることよりもカメラを選ぶことばかりに気を取られている気がする・・・。

そんなカメラばかり見ていたってしょうがないのにね(笑

んで!w

今私の主力はcanon EOS 5D MarkⅡなわけですが、

実は意外とヘタってきてるってか、もともと中古で買ったということもあり、

これから長く使っていく上で、なんとなーく、耐久性が不安になってきたんですよね。


スポンサーリンク

でも正直5D3は高すぎるし、しかも5Dよりも重たいし・・・

ってことで6Dが候補に上がっています。

 

もともと6D自体は5Dよりも下の位置付けということもあり、

カメラとしての基本性能は意外と5D2の方が上だったりするんですが、

シャッター音が静かであったり、高感度性能がものすごく良くなっていたりと、

トータル性能がものすごく上がっている・・・みたいなんですよね。

 

そして私のカメラ欲を後押しするように、

現在5D2のオークション相場がかなり上がってきていることもあり、

買い換えちゃうか?!みたいな気分になってきています。

 

高感度性能って私自身実は大して重視はしてなかったんです。今までは。

っていうのも子供写真は低感度に限るっていう固定観念があったからですね。

 

今でもそれは変わっていませんし、これからも変わらないと思いますが、

これから子供もどんどん大きくなり、

子供以外を写す機会もどんどん増えてくるはず。

 

そうなると、やはり高感度性能はあるに越したことのないな・・・って思うわけですよね。

 

常用25600とかアホな数字を謳っていますが、

サンプルを見る限りあながちハッタリにもみえないし、

物撮りなら本当に25600いけちゃうかも?って思ってしまいます。

 

実際にこの高感度性能が必要か?といわれると、

うーむって思うこともあるし、本当に悩むところですが、

もしかすると・・・買い替え、しちゃうかもしれません(笑

H26.8.30追記

6Dは結局買ってしまいましたが、噂に違わぬ素晴らしい高感度性能でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログ移転のお知らせ

本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log
ページ上部へ戻る