D600のクロップ

Nikonのフルサイズ一眼はクロップという機能が付いている。

 

この機能はDXフォーマット、つまりAPS-Cとして使用出来る機能で、

一台でフルとAPSの一人二役ができてしまう機能なのだが、

実際画質はどの程度悪化するのだろう。


スポンサーリンク

APS-Cとフルサイズではセンサー面積が2.6倍くらい違うはずなので、

D600の2400万画素に対してクロップした場合は1000万画素程度ということになる。

 

1000万画素というとちょっと前の一眼レフだと十分実用的な画素数なので、

いいとして、やはり画質も高感度もAPSレベルになってしまうのだろうか。

 

いずれはNikonの一眼も使ってみたいと思うので、

その辺どうなのか気になる気になる。

 

うーむ、D600、逝っとくか?!(笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る