M42マウントレンズは描写がいいのに価格が安い

 

M42マウントって知ってるだろうか?

え?M42星雲??

 

いやいや、むかーし作られていたねじ込み式のマウントの規格のことだ。

今のレンズはバヨネット式といって、少し回すだけでレンズが外れるでしょ。

M42はネジなので、ぐるぐる回しまくってようやく脱着ができる面倒なレンズだ。


スポンサーリンク

しかもほとんどが単焦点レンズ。

古い時代のレンズなので、ズームの技術も未熟だったこともあり、

ちゃんとしたズームレンズはなかったそうだ。

扉の画像はM42マウントの

PENTAX Takumar 200mmF4っていう単焦点望遠レンズ。

200ミリのF4、さぞお高いことだろうと思うでしょう。

 

なんと!2000円(笑

 

M42マウントのレンズはとにかく価格が異常に安い。

他にもある。

このレンズはPENTAX Takumar55mmF1.8というレンズ。

55mmのF1.8ですよ。

 

似たようなレンズで

DA★55mmF1.4っていうレンズありますよね。

あれ、新品で買えば6万以上します。

 

でもこのレンズ、なんと1500円(笑

 

ホント、笑える値段のレンズですw

 

 

しかも写りはかなりいいですよ。

多分現在のレンズと比較しても、殆ど描写性能は劣らない、

いや、むしろ味っていう見方をするなら温かい味のある描写をしてくれます。

 

もちろんAFも効かないし、絞りも自動じゃなくて、実絞りだし、

不便なこともあるけど、少なくとも物撮りなら大した問題にならないし、

今はライブビューもあるからピントも追い込めるし。

 

単焦点レンズ高くて買えないな~

って思っている人、これを機にM42マウントの単焦点レンズ、使ってみてはいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る