RAW現像

コンデジ以外使ったことがない人にとってはなんのこっちゃって話だと思うが

デジカメの画像保存形式としてRAWと呼ばれるものがある。

通常はJpegという形式で保存されるが、

このRAWというのはカメラのセンサーで捉えた光を

Jpegとして保存する前のナマのデータだと思ってもらえるといいかもしれない。

 

このRAW現像、私自身はいちいち現像しなければいけないのが面倒で

今までほとんど使っていなかった。

 


スポンサーリンク

Jpegなどは画像を加工すると画質が落ちる。結構落ちる。

でもRAWデータは画質の劣化が殆ど無い。

殆ど無いから自分の納得いくまで調整ができてしまうのだ。

 

ホワイトバランスなんかはいい例だろう。

最近のデジカメはAWBでも結構いけるが、それでも蛍光灯下や、曇天下での撮影では

ホワイトバランスは狂いやすいと思う。

そういったときもRAWで撮っておけば簡単に画質を劣化させることなく調整できてしまう。

 

実は私はAdobeのlightroomを持っているのだw

 

次回はライトルームを使ったRAW現像でも記事にしてみようw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る