商品写真の撮影にオススメのデジカメの選び方

wedding-rings-250691_640

商品写真の撮影がどうやればいいのかわからないという人(企業)向けに今回は商品撮影にお勧めのデジカメを紹介します。

まず、商品と一言で言っても大きな商品から小さな商品まで実に様々なサイズがありますが、基本的に商品撮影のキーポイントは全体と部分拡大の写真が必須です。全体写真はもちろんのこと、商品の細部の画像もなければ買い手としても納得の行く商品選びが出来ません。

では、具体的にどういったカメラを選べばいいのか早速お話していきましょう。


スポンサーリンク

商品の質感を描写するなら断然一眼レフやミラーレスがオススメ

商品画像を撮影する上で、より商品が引き立つよう写真を撮りたいなら断然一眼レフやミラーレスなどのセンサーの大きいカメラを選びます。

理由としては、背景をぼかした写真を撮る必要があるからです。

背景をぼかすことで、商品が立体的に浮き出てきますので、より商品の質感が高く見える効果があります。

小さい商品を撮影するならマクロレンズが必要

女性用の指輪やネックレスなど、商品サイズが5センチにも満たないような小さいものを撮影するにはマクロレンズというものが必要になります。

通常のデジカメは、至近距離で撮影することが出来ません。これは最大撮影倍率といって、レンズ毎にどれだけ近寄って撮影できるのか予め決まっているのです。つまり、近寄ったりズームしたりさえすれば大きく撮影できるわけではないということです。

オススメの商品撮影用デジタルカメラ

マクロレンズが必要と書きましたが、マクロレンズというものは、一眼レフやミラーレスの場合メーカーごとにマウントというものが決められており、レンズならどれでも好きなカメラに装着できるというわけではありません。

よって、商品撮影用のマクロレンズを決めたら、次にそのレンズが装着できるカメラボディを探す必要があります。

どこのメーカーがおすすめということはありませんが、安価なマクロレンズと一眼(ミラーレス)ボディが揃うのは現状SONYです。

まずレンズはSONY E 30mm F3.5 Macroがマクロレンズの中でもダントツで安いのでこちらを選びます。

そして、ボディはこのレンズのマウントがEマウントというものなので、Eマウントのカメラを選びます。マウントさえ合えばどのカメラでも装着できるのでここでは一番安価なSONYのα5000をおすすめします。

まとめ

商品撮影はマクロレンズさえあれば十分高品質な写真が撮れます。

今回紹介したα5000はセンサーサイズもAPS-Cという大型のものを採用しており、画質はかなり上位に入る機種です。

このレンズとカメラの組み合わせを持っていれば、全体写真も、細部のアップ写真もどちらも撮れますので、商品撮影をコンパクトデジカメやスマホのカメラで上手く撮れないと思っているのであれば、購入することをおすすめします。一眼+マクロレンズの組み合わせは素晴らしい画質を提供してくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る