商品撮影の肝、光の当て方「ライティング」を簡単にできるグッズ

スクリーンショット 2015-02-23 00.38.54

商品撮影の肝と言えるのが、カメラ機材選びと並んでライティングというものです。

ライティングとはLighting、つまり光の当て方です。これが出来ないとせっかくの一眼レフで撮った写真も、魅力が半減してしまいます。

非常に難しそうに思えるライティングですが、要点を抑えれば簡単によいライティング環境を整えることができるので、今回はライティングにオススメなグッズを紹介していこうと思います。


スポンサーリンク

ライティングに必要なもの

ライティングに必要な物は、ライトと、光を反射したり拡散してくれるものです。

ライトはホームセンターで売っているものでも構いません。ある程度の光量を放つことができればOKです。

問題は光を反射したり拡散してくれるアイテムです。写真は光を写し取るものであるため、光がない環境で撮影しても、綺麗に撮影するのが非常に難しく、この場合画像編集ソフトなどである程度のリカバリーは出来ますが、専用ソフトが必要ですし、何より面倒です。

そこで画像加工などをせず一発で綺麗な写真を撮るために、こういった光を操る道具を利用し、綺麗な写真を撮るわけです。

ライティングにオススメのライト

ライトは電球色のものから、純白のLEDのようなものなど、様々な色のライトが存在します。

私のオススメは白色のLEDライトです。電球色では商品の色が本来の色と違って見えてしまいますし、他の色も同様に本来の色がわからなくなってしまいます。

中でもオススメなのは、このマグネット式LEDライトです。

このライトはマグネットにより金属にくっつけることができるので、ライトを固定するのに重宝します。しかもライトも点で光らせることも面で光らせることも出来るため、商品撮影する際にかなり便利に使うことが出来ます。

光を反射・拡散してくれる簡易撮影スタジオ

繰り返しになりますが、写真は光をいかにコントロールするかにかかっています。その際に便利なのがこのような簡易撮影スタジオです。

上部と左右を半透過の白い布が覆っており、外から光を当てることでスタジオ内全体に光を回すことが出来ます。

また、商品を覆うことで、背景を整理することも出来るため、余計な物が写り込むのを防いでくれる役割もあります。

私も商品撮影する際にはこれと同じものを使って、背景の整理をしつつ、商品に自然な光を当てるよう心がけています。

まとめ

bangle-205839_640

基本的に商品撮影は小さいものであればこのスタジオとライトがあれば、かなり綺麗に撮影することが出来ます。撮影には一眼レフやミラーレスがおすすめですが、これに関しては別記事で詳細を書いています。

商品写真の撮影にオススメのデジカメの選び方 商品写真の撮影にオススメのデジカメの選び方 | 初心者におすすめなデジカメの選び方を徹底解説!おもいで写真.com

商品撮影は撮影の仕方次第で商品の魅力がアップするのは間違いありません。誰もが期待な画像を掲載しているサイトから商品を買おうなどとは思わないでしょうから、少々手間でもこのようにきっちりとしたライティングを行い、より魅力的な商品写真を撮影することを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る