ワンちゃんの写真を高画質で撮るためのカメラ選び

※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log

31630224d372c55f2c6c20bbcb803914_s

ワンちゃんを可愛く、綺麗に撮影するには、普通のスマートフォンなどでは正直役不足です。

それはなぜかというと、近年は室内で犬を飼うことが非常に多くなっていることもあり、室内では、圧倒的に写真に必要な明るさが不足しているからです。


スポンサーリンク

なぜ明るさが不足するとスマホでは綺麗に撮れないのか

スマートフォンのカメラというのは、あの小さな電話サイズのボディに、無理やりデジタルカメラのセンサーや、レンズを押し込んでいるため、カメラ自体の性能はとても低いものになっています。

カメラ自体の性能が低いというのは、カメラの心臓部とも言えるセンサーが小さいということです。

センサーが小さいと、室内の蛍光灯レベルの明るさでは、十分な光量を確保することが出来ず、結果的にそれがノイズとなって写真に現れます。

止まっているときはいいが、動いてる最中はまともに撮影できない

ワンちゃんが止まって眠っている時などは、スマホのカメラでもそれなりに撮影することも出来ますが、これが歩いたり、走ったり、ジャンプしたりしている最中であれば、屋内ではまずきちんとした写真を撮ることは不可能に近いです。

当たり前ですが、写真というのは、シャッターを開いている間、レンズに取り込まれる光を記録するものであり、日中の屋外であればスマホのカメラでもかなり綺麗に撮影できますが、これが屋内だと非常に厳しくなってきます。

屋内の蛍光灯下でも綺麗に撮影するならセンサーサイズの大きなカメラが適している

まず始めに結論です。

【一眼レフ】一択です。

一眼レフは、大きなセンサーが採用されており、スマートフォンのカメラと比べると、かなり高画質な写真を取ることが出来ます。

ちなみにミラーレス一眼は、基本的にはオススメしません。

一眼レフと同じく大型のセンサーが使われていますが、オートフォーカス性能が犬の素早さに対応しきれない機種が大半なので、コンパクトさが魅力なミラーレスですが、ワンちゃん撮影には向きません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
※本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ブログ移転のお知らせ

本ブログは約3年ほど前より新ブログ「ruby-log」へ移行しています。 新ブログ ruby-log
ページ上部へ戻る