階調性能対決!富士フィルム「XQ1」VS Canon「A1100」

DSCF7259

XQ1を購入しておよそ1ヶ月になりますが、使えば使うほど富士フィルムの色の出し方には感動をもらいます。2/3型の小さなセンサーサイズのデジカメだということを忘れてしまうくらい、とても良い描写性能です。

というわけで、今回は昔から我が家にあるCanonのA1100という並みのコンデジと画質(階調性)の比較を行ってみたいと思います。

比較写真は、すべて左がXQ1、右がA1100で、どちらのカメラもフルオートモードでの撮影です。ちなみにフルオートで撮った理由は、「AUTOモードでの描写=メーカーの色」だと思ったからです。

また、左右の写真の縦横比が違うのは、カメラのデフォルトのアスペクト比が違うからですので、少々見づらい点はありますが、ご了承いただきたいと思います。

なお、掲載画像はすべてクリックすることで拡大されます。拡大しないと画質の違いが伝わりにくいので、違いが分かりにくい時は、画像をクリックし、拡大した画像を見比べて下さい。


スポンサーリンク

富士フィルムXQ1 VS Canon A1100IS

DSCF1511

 

パズドラのダブトパリットというモンスターを撮ったものです。

XQ1の方が影が大きく出ています。どちらも綺麗に写ってはいますが、XQ1の方が立体感のあるように感じますね。

A1100の方はのっぺらとしているように見えます。

 

DSCF1515

 

リカちゃん人形ですね。このシーンではあまり違いが見られません。

DSCF1509

 

先ほどのリカちゃんをアップで撮ったものです。

わずかにXQ1の方が色乗りが良いのがわかります。画像をクリックして拡大いただけるとよりわかりやすいかと思います。

DSCF1510

 

怪盗グル−というCGアニメのミニオンというキャラクターです。

明らかにXQ1の方が色乗りが良いですね。背景のカーテンの色もくっきり出ています。ちなみに実際に肉眼で見ると右のA1100の方が色みは近いです。

DSCF1513

 

X-E2を撮ってみたものです。

今回は色味は殆ど同じですが、色の深みはXQ1の方が確実に上だと思います。特に黒色の出方が素晴らしいと思います。漆黒といった感じですね。これはX-E2とα6000で比較した時も同じようにα6000の方が色が薄いです。富士フィルムは黒色の出方がとても綺麗ですね。

まとめ

さて、何枚か比較写真を掲示しましたが、思ったほど画質に差がないように思いましたか?

解像度に関しては、それほど差はないと思います。これは富士フィルム機全般に言えることですが、富士は解像度を重視しているように思えません。これはX-E2のようなAPS-C機でも同様です。

富士の最大の特徴は色味階調性能(深み)だと私は思っています

今回掲載した写真は、記事内では縮小されているので違いが分かりにくくなっていますが、PCのモニターサイズで見ると写真としての質は、XQ1の方が間違いなく上質です。そして、その質を引き上げているのは優れた階調性だと私は思います。

さらに、階調性が豊かな写真は立体感が出ます。もう一度今回アップした写真を見て欲しいのですが、いずれの写真も、全てにおいてXQ1の方が立体感にあふれています。

以上、カメラの価格を考えるとやや意地悪なカメラ比較記事でしたが、私の中ではXQ1の圧勝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る