ヤフオクで狙い目のデジカメと、買ってはいけないカメラ

  • 2015-1-8
  • 最終更新日: 2015-01-11

hammer-311343_640

ヤフオクは使い方によってはとても有意義なシステムです。

しかし、きちんとした探し方を身につけないと、不良品を掴ませられたり、または普通に買うよりも高額で買ってしまうことにもなりかねません。

私自身もヤフオクでカメラを買うことは非常に多いので、今回は私が実践しているヤフー・オークションでのデジカメの買い方について、紹介していこうと思います。


スポンサーリンク

まず狙い目のデジカメを見極める

ヤフーオークションでは、最新式のデジカメや、一眼レフ、ミラーレス一眼がズラリと並んでいます。しかし、ヤフオクでは発売されて間もない最新式のカメラを狙うべきではありません。これまで4年ほどほぼ毎日ヤフオクとにらめっこしていて、本当にそう思います。ヤフオクで出品されている発売直後の最新型のカメラは明らかに割高です。私もオークションでは発売直後のカメラは買いません。

ではどんなカメラを買うときにオークションを使えばいいのか、それは、型落ちのデジカメです。

型落ちのカメラは、費用対性能がものすごく高い

型落ちと言っても、基本的にデジカメは1世代新しくなるくらいで、劇的に性能はよくなりません。中にはSONYのNEX-6からα6000のように劇的に性能が向上するものもありますが、これはあくまで例外で、基本的に大差はありません。

例えば、平性27年1月8日現在、SONYのα7Ⅱは、ボディのみで価格.comで約175000円です。

新品のカメラの値段は、価格.comを参考にするといいと思います。大都会でなければ、ここで表示されている価格よりも安く買うことは難しいですので。

スクリーンショット 2015-01-08 22.02.02

一方で、1世代前のモデルに当たる、α7の価格は、ヤフオクではこんな価格が落札相場となっています。

スクリーンショット 2015-01-08 21.45.39

ほぼ半値ですね。

9万円を超えるものもありますが、新品の出品であるため、中古に限って見ていくと、8万円以下で落札されている機種もあります。

ちなみに、落札相場を調べる方法は、ヤフオクの検索結果に表示されている、「落札相場を調べる」というボタンを押すと、過去の落札金額がわかるようになっています。

余談ですが、キーワードの手前にー(マイナス)をつけると、検索結果から除きたいキーワードを指定できます。今回はα7Sやα7R、α7Ⅱを検索結果から覗きたかったのでこのように検索窓に入力しています。

スクリーンショット 2015-01-08 21.49.58-2

 

 

 

このように型落ちのカメラはとてもお得に買うことが出来ます。狙うべきは、1世代程度型落ちの新古品や中古良品ですね。

オークションで掴んではいけない危険なデジカメ

ヤフオクでは、普通の不要品を処分する人と、カメラを転売することで利益を上げるために出品している業者(個人も)がいます。

彼らの出品するカメラの特徴は、ある程度決まっているので、ヤフオクでカメラを探す際は参考にして欲しいと思います。

バッテリーやレンズを別売りにしている

転売して利益を出している業者は、バッテリーを抜いて販売している事が非常に多いです。純正バッテリーは、単品で買うと非常に高価なため、ダブルレンズキットなどを安く仕入れた後、バッテリーを除いてオークションに出品たりしています。

ある程度慣れた人ならすぐ気づくと思いますが、ヤフオク初心者であれば、まさかバッテリーが別売りだなんて思いもしないでしょうから、注意が必要です。

同様に、レンズだけを別売りにしている人もいるので、バッテリーの件と同じく注意するようにして下さい。

偽ダブルズームキットを販売している

これが本当にタチの悪い出品方法でダブルズームキットと称しておきながら、付属するレンズは、古く絶版となっている性能の低いレンズをセットにしているケースです。

通常ダブルズームキットとして新品で付属する場合は、現行品のレンズがセットとなっています。しかし、悪質な転売者は、格安で仕入れられる古いズームレンズをあたかも最初から付属しているズームレンズのように見せ、販売しています。

たとえば、CanonのKissという一眼レフがありますが、本来であれば18-55 IS、55-250ISというという手ブレ補正付きレンズがつくはずなのに、35-70、70-300などの、手振れ補正が付いていない古い純正レンズをセットにしているということです。

これ以外にも、純正じゃない格安レンズを付けてダブルズームと称している場合もあります。例えばCanonの場合、本来の純正ダブルズームキットは、望遠レンズでも最大250mmという焦点距離なのですが、このレンズではなく、TAMRONの70-300という、一見、純正よりもたくさんズームできるレンズをつけてくるわけです。

実際これなんかがそれにあたります↓

スクリーンショット 2015-01-08 22.52.24

 

で、実際に付属しているレンズがこれ。(商品説明から抜粋)

スクリーンショット 2015-01-08 22.51.53

これ、本来KissのX7iに付属するレンズではありません。

ちょっと怒り口調で言うと、Canonの28-80っていうレンズは、フルサイズ用のレンズで、Kissの様なAPS-C用ではないため、広角が写せません。そんで、TAMRON70-300というのは、一見良さげに見えますが、本来付属する純正55-250のレンズに比べると手振れ補正もない上に、オートフォーカスめちゃくちゃ遅いです。

本来は、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STMの2本が付属されるはずなんです。いずれも最近リニューアルした、オートフォーカスが早いとてもよいレンズです。(画像はメーカーHPより)

スクリーンショット 2015-01-08 22.55.25

この場合、確かに純正よりもよりたくさんのズームが出来るということにはなりますが、その代わりに手振れ補正がつかないということになり、実用性能が下がります。カメラのことが詳しくない初心者を狙う、悪質な騙し討です。

これは本当に見分けがつきにくい上に、一応、「ダブルズーム」であることには変りないため、嘘を付いていると断言するのも難しく、間違って落札してしまった際には、泣き寝入りする以外の方法はありません。

ちなみに、本来付いていたはずの現行型純正レンズは、レンズ単体で高値で取引されているはずです。ホント、がっかりする話ですね。

偽ダブルズームキットの見分け方

ポイントはたった一つ、メーカーのHPで掲載されているレンズ名と、付属しているレンズ名が一致するか確認するしかありません。

ある程度カメラに慣れてきて、カメラのことを調べるようになれば、すぐに偽ダブルズームだと気付けるようになりますが、初心者の場合はそうもいきませんから、メーカーのHPや価格.comで本来付属するべきレンズの名称を確認する以外の方法はありません。

 

ヤフオクで狙うべきデジカメと、お得品を探し出す方法 まとめ

ヤフオクで狙うべきカメラは、型落ちカメラです。新品は価格.comの最安店で買ったほうが安く買えます。

その一方で、カメラに詳しくない初心者を騙して、格安品を高価に売りつける手口も横行しています。ヤフオクは非常に便利なものですが、気をつけなければならない点も多いため、実際に購入する場合には、事前の下調べが重要です。

最後にヤフオクで格安カメラを探す手順を改めて掲載します。

1 欲しいカメラのカメラ名で、価格.comとヤフオクの落札相場の両方を調べる。(稀に価格.comで激安で売っている場合もある)

2 落札相場に納得がいく場合は、よさ気なものを幾つかピックアップする。

3 ピックアップしたものがレンズキット、もしくはダブルズームキットである場合は、実際の商品説明をよく読み、バッテリーが付属しているか、付属しているレンズが、メーカーHPに載っているものと同じものか確認する。

以上となります。

上手にヤフオクを利用して、楽しいカメラライフをエンジョイしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク




初心者におすすめなデジカメ 選び方完全ガイドへ

この記事の著者

ruby

ruby会社員

子どもの誕生と同時にカメラに目覚め、これまでに4万枚以上の写真を20機種以上のカメラで撮影してきました。

プロではないですが、だからこそ伝えることが出来るものもあると思い、記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る